ロスミンローヤル 成分

ロスミンローヤルの成分と含有量は?小シワとシミに効く理由は?

ロスミンローヤルには9種類の生薬成分を含む22種類もの有効成分が含まれています。
その成分ついて、含有量と効果をまとめました。

 

 

 

ロスミンローヤルの成分含有量をチェックしましょう!


 

ロスミンローヤルの成分含有量一覧

含有成分 含有量
ローヤルゼリー 50mg
L-システイン 160mg
DL-メチオニン 100mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 180mg
ビタミンE散(50%) 50mg
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1) 10mg
リボフラビン(ビタミンB2) 10mg
ニコチン酸アミド 30mg
パントテン酸カルシウム 15mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 5mg
シアノコバラミン(ビタミンB12) 5μg
カルニチン塩化物 50mg
安息香酸ナトリウムカフェイン 100mg
グリチルリチン酸一アンモニウム 10mg
トウキ末 100mg
シャクヤク末 200mg
ブクリョウ末 150mg
ソウジュツ末 150mg
タクシャ末 100mg
センキュウ末 100mg
ハンゲ末 100mg
ニンジン末 100mg

 

それぞれの成分の効果効能を見ていきましょう。

 

9つの生薬成分

 

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは豊富な栄養素を含む天然成分で、美容にも古くから用いられています。
更年期障害、メタボリックシンドローム 、耳鳴り 、高血圧改善作用、更年期周辺女性の肩こりなどへの効果があると言われています。

 

トウキ末

更年期障害や便秘薬、冷えやしびれに効果があるとされる生薬です。

 

シャクヤク末

冷え性、貧血、更年期障害、神経痛などに有効とされる生薬です。

 

ブクリョウ末

更年期障害、生理不順、利尿などに用いられる生薬です。

 

ソウジュツ末

胃腸を健康に保ち、皮膚の湿疹などにも有用とされる生薬です。
皮膚の細胞に働きかけてヒアルロン酸の合成を促進することが発見されて注油目されています。

 

タクシャ末

利尿作用があり、冷え性や生理不順などに用いられる生薬です。

 

センキュウ末

血行を良くする働きがあり、貧血や冷え性などに用いられる生薬です。

 

ハンゲ末

体を暖め、巡りを良くする働きのある生薬です。
消化不良、食欲不振、不眠などにも使用されます。

 

ニンジン末

体を暖め、新陳代謝を良くして、胃の衰弱を改善する働きのある生薬です。
消化不良、下痢、発熱などにも使用されます。

 

その他の有効成分

 

L-システイン

L-システインは、しみ、そばかす、美白などの対策に有効な成分として有名です。
皮膚の色素沈着の原因となるメラニン色素を抑制する、非必須アミノ酸の一種です。
肌や髪の毛の美容成分として広く用いられています。

 

DL-メチオニン

メチオニンは必須アミノ酸のひとつです。
肝機能を高めたり、アレルギーの原因となるヒスタミンを抑える作用があります。
利尿作用があり、不足するとむくみの原因にもなります。

 

アスコルビン酸(ビタミンC)

ビタミンCは、美容全般に欠かせない成分です。
L-システインがメラニンの生成を抑制するのを助けます。
できてしまった黒色メラニンの色を薄くします。
コラーゲンを合成するのにも重要な働きがあり、シワの予防にも大切です。

 

ビタミンE散(50%)

L-システインがメラニンの生成を抑制するのを助けます。
非常に強い抗酸化作用があります。
細胞の老化を防ぎ、老化防止の働きが期待できます。

 

チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)

体内で糖質をエネルギーに変換する際に必要になるビタミンです。
心身を活性化させ健康な状態に保ちます。

 

リボフラビン(ビタミンB2)

ビタミンB2は、お肌のために不可欠です。皮膚の粘膜を健全に保ちます。
タンパク質をエネルギーに代謝するのにも重要です。

 

ニコチン酸アミド

ニコチン酸はビタミンの一種です。体内での酸化還元反応にかかわっています。
皮膚や粘膜を健康に保ち、血行を良くします。
手足の冷えや耳鳴り、肩こりなどに使用されることもあります。

 

パントテン酸カルシウム

ビタミンB5とも呼ばれ、皮膚の新陳代謝を促し、しみ、そばかす、日焼けなどの改善にも用いられます。

 

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

ビタミンB6は、タンパク質の代謝に重要な働きがあります。
皮膚や粘膜の健康維持にも大切です。

 

シアノコバラミン(ビタミンB12)

ビタミンB12は、神経の働きに重要な役割があります。血液を作るのにも不可欠です。

 

カルニチン塩化物

カルニチン塩化物は胃薬にも使われることの多い、胃腸を整える成分です。
胃の働きを良くすることで消化吸収をスムーズにします。

 

安息香酸ナトリウムカフェイン

眠気や疲労感を軽減します。

 

グリチルリチン酸アンモニウム

甘草に含まれる成分です。抗炎症作用があると言われ、スキンケアや化粧品に使用されています。

 

ロスミンローヤルの有効成分まとめ

 

 

ロスミンローヤルの有効成分は女性にとって必要な生薬や成分が豊富に含まれていると判りました。


 

ひとつひとつの量はそれほど多くありませんが、毎日飲むベーシックな薬として必要なものは入っています。

 

もちろん、毎日のバランス良い食生活と、健康定期な生活が基礎になります。

 

必要なものが不足したときに、体の不調や美容のトラブルが起こりますので、必要なものを少しずつとることは大切です。

 

ロスミンローヤルについての詳細は公式サイトをご確認ください公式サイト